四季のはづき

評論、感想独りよがりな はづきのブログ

美人、美少女と『ブス』の違いと印象。キレイ・かわいいが生きやすい世の中

こんにちは はづきです

 

美人や美少女。顔がキレイだったり可愛かったり、歩いているだけで男性や同姓の女性の目すらも引いてしまう女性はいますよね。

近年、メイク技術をより詳しく記載した雑誌が多いことや、時代の流れからかキレイなメイクをして美人や美少女になっている方々が増えています。 勿論のこと元々の顔立ちが良い女性はよりいっそうキレイになり色んな人々の視線を奪っています。

あんな風に苦悩していても、余裕を持っていても花のある人になってみたいものです。いわゆる憧れの的です。

そして話は変わり、本題の「ブス」について。

顔が悪いことは去ることながら、性格まで悪くては目も当てられません。それでいて勘違いをしている世間一般的に言うところの「勘違いブス」までいるのですから困ったものです。自分に自信があるところはとても良いことですが、自信の付け所を間違っているのでは?と少し思ってしまいます。 

ブスに対して当たりが強い世の中ではさぞかし生きにくいことでしょう。成りたくはない存在です。

上記の通り、偏見はあるものの美人とブスには格差があることは明確です。ではどのように生きにくいのか。

行動からくる印象の違い

美人とブスとでは同じことをしても人にあたえる印象は大きく違います。

いくつか例を出すと

性格が悪い人

美人の場合…『小悪魔』

ブスの場合…『性格の悪いブス』

頭の悪い人

美人の場合…『天然』

ブスの場合…『バカ』

寡黙な人

美人の場合…『クールビューティー』

ブスの場合…『陰キャ』

偏見があるかもしれませんが、極端に言ってしまえばこれが事実です。

美人、美少女はマイナスの印象すらもプラスに変えてしまいます。ですが悲しいことにブスはマイナスの行動をしてしまうと人にあたえるマイナスの印象は2倍以上です。

美人とブスの最大の違いは何か

言うまでもありません。『顔』です。

 

人の第一印象は体系、服装、髪型、表情が80%以上を占めているそうです。そのなかでも一番始めに見るのが顔です。

初対面で同じ表情をしていたとして美人とブスどちらに好印象を受けますか?美人です。残念ながら無表情の美人と笑顔のブスでさえ美人の方が良い印象を受けるかもしれません。表情が逆なら言わなくても分かりますよね、美人は第一印象で特をしています。

そして面白いことに、美人が人と話すときに嫌な顔をすることはあまり無いんですよね、もし嫌な顔をされたら人間的に拒否されているのかも知れません。

美人とブスの意識の違い

美人は何の努力もせずに周りから誉められているわけではありません。元が悪くてもメイクやダイエットの結果、美人だと言われている人は沢山います。もしかしたらそのような人が殆どです。

特に差が出るのは学生時代、出来れば高校生までにメイクやファッション、食生活について努力してきたかどうかで変わってきます。友達が少なくて、無愛想で、服もダサい美人の方が少ないと思いませんか?

自分に甘く、自分を高めようとしない人は必然的に残念な見た目になるのも頷けます。

女性の実情

女性は思った以上に自分を過大評価しています、ナルシストのようなものです。自分はそうでないと思っていても、思っている以上に自分を良い方へと自己評価しています。

鏡に映る自分を見たとき、悪くて「私、ブス…ではないよね笑」くらいに思っていませんか?周りから見たら思った以上に普通のブスに見えることがほとんどです。なぜかと言うと他人を評価する時、自分を評価するのとは違い辛口になるからです。結果ほとんどの女性が平均以下に見られています。

そんな中で私可愛いを全面に出している女性を勘違いブスと言っているわけですが、そのような人は鏡を見てと言うよりも『盛れた写真』を見て勘違いしているのでしょう。勘違いブスに「鏡を見ろ」と言っても意味がありません。鏡で自分の顔を確認しよう、と言う考えを持った時点である程度自信のある表情を作ってしまうからです。

結果的に「あ、私やっぱり普通以上だな。もしかしたら美人かも」と勘違いをします。

無意識の表情

勘違いブスに見せたいのは電車内やなにも考えていないときの素の表情、つまり無意識の表情です。気の抜けている時自分はどんな顔をしているのか知ることが出来れば勘違いも無くなるのでは無いでしょうか。

ブスにならない方法

ブスにならない方法と言っても、第一に言えるのはメイクを勉強し練習する。体系を維持することです。骨格は変わらないのですから諦めましょう。

そしてこれはテレビや友人からの受け売りですが自分をブスだと「思う」ことが大切です。「私は美人ではない、ブスだったら愛想が悪いよりも愛想が良い方がいいよね。」「ブスだったら暗いより明るい方がいいよね。」「ブスなんだからメイクやダイエットを頑張った方がいいよね。」など考えますよね。

一旦、自分をブスだと仮定することで、それが自分を見つめ直して成長させる切っ掛けになるでしょう。

そしてこの方法は自分をブスだと仮定しているに過ぎません。では元々仮定しているだけで実際ブス出はない人が自分をブスだと思って努力をしたらどんな自分が残りますか?身なりがキレイ、メイクもしっかりできていて顔もいい、スタイルが良くて性格も良くて明るい。周りから見ても最高の女性です。

まずは自分をブスだと仮定して自分自身を高めてみてはいかがですか?

はづきでした