四季のはづき

評論、感想独りよがりな はづきのブログ

将来の夢が見つからない、やりたいことが多すぎる、人生に迷走している。20代の話

仕事終わり、休日に片っ端から興味のあることを始めたり続けたり。

本当このままで良いのかと自問自答する日々の真っ只中にいます。はづきです

ブログもその内の1つだった訳で2ヶ月と半月毎日書き続けたのですが1回投稿出来なかったことをきっかけに途絶えてしまいました。そしてまた別の事を始め、探す日々。自分の意志の弱さが公然に出しているかと思うと恥ずかしくなるものですね。

なぜここまで趣味を探したり新しいことに手を出しているのかと言うと中二っぽく言うと「刺激が欲しいから」ですかね。

上京し高卒で仕事を初めてみたはいいものの毎日同じ事を繰り返して安月給、別に今の仕事環境に見あった給料だと思っていますが現状では生活する為、生きる為だけに仕事をしてのうのうと生きている。そんな生活の繰り返し。

私のように、ふとこのようなことに近いことを考えてしまう20代はいるのではないでしょうか?

まあ、私のように色んな物に手を出してはすぐ止める何て言う典型的なダメパターンをこなしていては現状打破何て最早夢ですらありません。

毎日投稿すると言う単調なことですら2ヶ月と半月で辞めてしまう意志の弱さには流石に堪えるものがありました。そこで隣に住んでいる私の同期と何かやろうかなとまたまた突拍子のないことを考えまた行動しようとしています。

取り合えず行動する

取り合えず行動と言うことは良いことなのでしょうか?

私の友人は「俺、webデザイナーになる」と言い放ち会社を辞めて3ヶ月で成功しました。小学生の頃からパソコン、プログラム関係には強い人で思い付きとも思える速度で行動をおこし有言実行した姿は、今の私にとって眩しいものがありました。

このような友人の存在を見てから、取り合えず行動することはその場しのぎの無意味なことに思えてきました。取り合えずではなく、目標を見据えて行動しなければ人生を棒に振りかねません。

勇気が出ない

ふざけた話です。

現在の職を辞めて転職したところで、良くなるとは限らない。現状より酷い結果になるかもしれない。そんなことが頭に過り行動出来ない時点で行動する資格がないと思います。同期の部屋に数人集まって団らんしたり、宅のみをしたり、それでたまに彼女と遊びに行ったり。こんな人生で良いのかなと話すものの現状維持を求めてしまう中途半端な考えが気持ち悪くて仕方がありません。

そもそも、勇気を出そうと思っていないのだと思います。人間そこまで本気になれることなど限られているのかもしれません。本気なのは彼女への思いくらいです。それですらまだ若いからと将来について金銭面で不安があるものの動ずにいるのですからいっそのこと笑えてきます。

まとめ

大した強い思いも無いままに取り合えず行動を繰り返し、あれもしたい、こんな職にもなりたいと夢を見ている方々はインターネットを眺めてその自分がなりたい職の門の狭さや学歴面での手遅れ感に苛まれている人が多いのかなと思います。

実際のところ私もそんな感じです。はっきり言ってそんなことをしている時点で現状維持を決め込むしかないですよね、時が来たらなんて思ってるかもしれませんが時何て来ないのですから。

本気でなりたい物が見つかり自分のなかによく分からない自信のある人は行動してみれば良いのだと思います。

私の文章を読んで少しでもネガティブになった方は手遅れかもしれませんね。

 

はづきでした