四季のはづき

評論、感想独りよがりな はづきのブログ

【ハロウィン】2017年渋谷ハロウィンの雰囲気 着替え場所、コスプレ割合

こんにちは はづきです

f:id:yo449august-with:20171030001517p:plain

 

すっかり東京はハロウィンムード、どこもかしこもカボチャカボチャですね。

そんなハロウィン真っ只中と言ってもハロウィン当日はまだ何ですよね、台風なんて関係なしに行われているハロウィンを皆様どうお過ごしですか?

 

コスプレや仮装をして街に繰り出す方もいれば、ただのコスプレ大会だと皮肉を嘆いている負け犬根性フル回転の方も仕事に終われてハロウィン無くなればいいと言う方もいると思います。

まぁ20代を謳歌している方や30代前半のかた、外国人観光客の方々は楽しみまくっているようで、外からの言葉や皮肉など届きはしないと思います。結果、楽しんだもの勝ち他の言葉など関係ありませんよね。と納得しています。

ハロウィンの定義など日本としては関係ありません、収穫祭など知らない人の方が多いです。クリスマスも同様ですし。羨ましくて言っているんだなくらいでアンチコメントは流しましょう。

何せ国でやっていいよと公認している行事なのですから

と、前置きはここまでにしまして。2017年のハロウィンの様子少しだけお話しします。

 

目次

2017年ハロウィンの期間

ハロウィンの期間と言うと少し語弊がありますよね、実際は31日のみのイベントですから。

まあ、日本はノリでやっているようなところがありますし、楽しければ何でもいいのです。今回の渋谷ハロウィン期間は歩行者天国が始まる日から終わる日までとしまして、10月27日(金)~10月31日(火)までの5日間でした。

因みに去年は4日間でやはり金曜日からだったみたいです、歩行者天国となるのはセンター街ですね。

時間帯は17:00~22:00程度。私は27、28日といましたが確実に23時以降までホコ天は続いてましたね。警察の方々はお疲れ様です、とはいっても実際にいるときは警察の方のことは全く考えていないのが現状なんですよね。

着替え場所

着替え場所はほぼないですね、ハロウィン当日の31日は更衣室を設けているようですが、それ以外の日にちとなると着替えられる様なところはありません。

かと言っても家から予め着替えをしてメイクまでしている人などほぼゼロだと思った方がいいですね。そう言うことをしている人はしっかりとしたコスプレの方ぐらいです。

友達に聞いた話ですが、渋谷近くのホテルに泊まって予め着替えてから街に繰り出す方もいるそうです。

 その年々で場所が変わるので気を付けたいですね、ほとんどの店では着替えを拒否しています。服だけ着替えてアウターを着て外でメイクしている方が多かったようですね。

仮装の割合

全体として見ればノーメイク7割、仮装&コスプレ3割と言ったところでしょうか。

渋谷自体人が沢山いますので当たり前と言えば当たり前ですけれど初日の27日は1割りにも満たない人が仮装とコスプレをしていました。相当勇気のある方々ですがさすがに駅前でしか確認できませんでした。

2日目、センター街はノーメイク1割の仮装9割、やっぱりセンター街があついですね。顔だけメイクのJKたちもいました、ガチのメイクが恥ずかしい方もいるでしょうしプチメイクでハロウィンも雰囲気味わえて楽しいですよ。

仮装&コスプレの種類

色とりどりの仮装やコスプレは本当に目の保養です。

個人的にはレベルの高いアニメコスプレの外国人やジャックスパロー、個性的な仕掛けが施してあるマスクなどの被り物など目が引かれる人が沢山今したが、やっぱりあんなに寒いなかで露出の高い格好をしている女性に目が引かれてしまうものです。中でもクシーなマリオ&ルイージやマックの店員姿、ビキニみたいな子達がとてもよかったです。

男性はガチのコスプレやマリオ、医者など無難な物の方が女性からうけていました 。

割合で言えば男性はマリオ&ルイージやミリタリー系のSATや医者などが多かったです。

全体的に見ればすごい種類の人がいますので個性を出そうと気を張らなくても全然被る心配はありませんし、むしろ被っていた方がいい場合もあります。

写真撮影

やはり醍醐味と言えばこれです、写真撮影

雰囲気を味わいたい方もいるでしょうけど本命は写真撮影です。リア充感Maxで思い出を作りましょう、興味のない方から言わせれば「自己満足」や「意味のない行為」ですが思い出などそのくらいの物です。いちいち物事に意味を持たせなくていいんです。周りに流されずに「私もしたい」「羨ましい」と感じたら一歩踏み出してください。

 

イベントの雰囲気でフレンドリーになっている皆様です「一緒に撮ってもいいですか?」の一言だけでもいい写真が撮れますよ。

※基本女性からは相当なイケメンや被り物系の方、ガチのコスプレの方にしか自分から行かないので過度な期待はせずに勇気を出して自分から行きましょうね。

但し、ウザがらみは止めましょう、断られたら軽く笑って次に行きましょう。

 

「一緒に撮ってもらってもいいですか?」ぐらいがちょうど良いのではないでしょうか?「とりましょー!!ほら、撮ろう!撮ろう!」とテンション高く言っている方が少し引かれて断られていましたから。

必須なのは2人以上で行くことです。

無難なのはマリオならマリオの方を攻めたり、医者なら傷だらけの女の子に「一緒に撮ってもいいですか」のあとに怪我してますね大丈夫ですか?といじっても笑いがとれますよ。

被り物最強です。顔が見えない安心感からか女性が自分からよっていましたし、自分からお願いしに行っても成功率高めでした。美女と野獣の野獣がいましたが ハグし放題でしたね。

私は後半仮装をせずに目から血ダラダラにチェスターコートと言う状態だったのですがそれでも写真をお願いされたので、するに越したことはないですね。

ナンパ厳禁

ハロウィンに限ってのことじゃないのですが、テンションに任せてナンパする人がたまーにいました、成功率は0に等しいのではないでしょうかね?

相手も自分もコスプレしていますし、テンションが高いからといってナンパしようものなら相手のテンションが下がってしまいます。せっかくの楽しい場なのですから連絡先を交換しようなんて考えない方がいいと思いますよ。

成功しない理由としては

1つ、相手の中では写真をせがまれる所までで線引きをしているから。はっきりいってただの可愛いメイクに露出の高い格好の状態でさえナンパされてもそのあと何処にでも行ける格好出はないことを女性は自覚していますし、着替える時間があるのならそのまま帰ります、このあと食事行こう何てききません。傷だらけのメイクや凝った仮装ならなおさらです。

はっきり言うと迷惑なんですね。

2つ、女性の質。ハロウィン自体自分に自信があるような女性ばかりです、偏見も混ざっているかもしれませんがいつもと違う自分、楽しんでいる自分を不特定多数に見てもらい賞賛を受けたい。そのような考えを根本に持っている方が多いです。

そのうえ、そのような考えの元イベントなどに出向く女性は美意識の高い方が多いです。実際に綺麗で可愛い女性や女の子が多かったです。

そんな中で中途半端なナンパをしたところで相手が迷惑ですよね。

3つ、2人以上で来ているから。成功率が下がりますね、2対2でナンパしても同じです、彼女達はハロウィンを楽しみたいのですから邪魔はしないであげてください。

結論、諦めましょう

雰囲気

誰もがフレンドリーでとても楽しい空間で雰囲気はとてもいいものです。家に帰って1人になろうものなら心を潰されるのではと思う程楽しかったです。そのままオールするのもいいですしホテルなどでゆっくりしてもいいですね。とにかく友達や彼氏彼女と別れるのはオススメ出来ないです。

そして1人で行くこともオススメできません、ハロウィンの場で友達を作ることは皆無だと思って下さい。2人以上ならその場の雰囲気で友達になれるかもしれませんが、異性とは無理でしょう(女性ならいけるかもです)。

どうせなら雰囲気をたっぷり味わいたいですよね、ぜひ友達と渋谷に繰り出してください。

写真撮影をして、動画を取って、話をして。何とも言えない異様な雰囲気を味わってもらいたいものです。

 

あとがき

明日が本当のハロウィンですね。

仮装やコスプレの方々はピークになること間違いなしとても楽しいと思います。

行っていないかたも、勇気のでない方もほんの少しだけメイクをして友達と出掛けて見てください。

一人でいると心を潰されるかも知れないので友達と、あくまで友達といった方がいいですよ。

雰囲気を味わうだけでも十分満足出来るのではないでしょうか。

勇気が出ないという方も一歩踏み出して見てください、損する事はありません。見た目やイメージだけで拒否するのは非常にもったいないことですよ。

控え目に言って最高です

 

はづきでした