四季のはづき

評論、感想独りよがりな はづきのブログ

米津玄師 待望の4thアルバム「BOOTLEG」タイトルに込められた想い

こんにちは はづきです

 

米津玄師の4th Albumが2017年11月1日に発売

BOOTLEG(映像盤 初回限定)(DVD付き)

 

今回のタイトル「BOOTLEG」ブートレッグはいわゆるブート版や海賊版のように法律を無視して無断で発売、流通させている非合法商品のことですが、

 

その非合法商品と言う意味のタイトルに米津玄師は何を込めたのか。

 

全3種類のパッケージが公開済みで

ブート盤には米津玄師 本人が書き下ろしたアートイラスト6枚が封入

そのアートイラストをアナログ盤ジャケットの窓枠に差し込める仕様になっている。

 

目と耳とで米津玄師が伝えたい想いを感じ取れるとのこと

 

〈収録曲〉

〈CD〉

01.飛燕

02.LOSER

03.ピースサイン

04.砂の惑星fast.初音ミク

05.orion

06.かいじゅうのマーチ

07.moonlight

08.春雷

09.fogbound

10.ナンバーナイン

11. 爱丽丝

12.Nighthawks

13.打ち上げ花火fast.daoko

14灰色と青fast.菅田将暉

〈DVD〉

1.LOSER Music Video

2.orion Music Video

3.ピースサイン Music Video

4.ゆめくいしょうじょ Music Video

 

このようなラインナップ

なんと言ってもLOSERは米津玄師が自分自身を歌い表した曲と言っています。

ネガティブな歌詞なのに元気を貰える、寄り添ってくれるそんな曲です、私自身誰かに想いをより伝えられるのは同じ境遇の人かネガティブな人だと思っています。 

 

出来るならばメディアには出たくないと公言している、引きこもりでネガティブな米津玄師だからこそ伝えられることが多いのでしょう。

 

そして注目は同世代タッグとして菅田将暉とコラボしMV、ダウンロード配信が開始となった「灰色と青」

 米津玄師の曲ですからタイトルの通り灰色が米津玄師、青が菅田将暉を表しているのでしょうか?

 

そして「ナンバーナイン」「orion」を是非聞いてほしいですね。

はづきでした