四季のはづき

評論、感想独りよがりな はづきのブログ

自信喪失。将来が不安なあなたへ

あなたは自分に自信を持てますか?

どんな時も「自信」は動くことに対して絶対に必要不可欠な感情です。

新しいことをする、転職、何かを決断する。

 

自信が持てないのに自分から新しいことに挑戦する人なんていませんよね。

人は自信を喪失しやすい生き物です、ではほとんどの人は何で自信を失っているのでしょうか。

 

自信の喪失

先程も言ったように、人は自信を失いやすい生き物です。様々な理由から自信を失いますが、その中で半分以上の割合で閉めているのが未来に関する抽象的な内容を考え込んでしまい、その結果自信を失うことです。

 

つまりは

「将来にしっかりと暮らせているか」

「このままで給料は上がるのか

「恋人と来年も一緒にいるのか」

と、誰も分からないような内容が未来に関する抽象的な内容です。

 

このような内容のものは1度考え始めると終わりがありません、なぜなら誰も分からないからです。そのため、どんどん考えを深いところまで突き詰めてしまい自信の喪失に繋がります。

 

どうすればいいのか

考えてしまうのは仕方のないことです。実際将来に関して不安になることもあるでしょう、他人と比べて劣っている自分に自信を持てなくなってしまうこともあるでしょう。

 

ですが、自信を失ったが故に行動を起こせなくなってしまっては元も子もありません。

 

人は新しいことを始めよう、明日も頑張ろうと思うことで前に進めるのです。自信を失っては恐くて前になんて進めませんよね。

「どうせ」「でも」「だって」などの言い訳が前に前に出てきて悪循環になってしまいます。

ではどうすればいいのか。それは、

自分自信を納得させる

これが一番良いでしょう人が自信をなくすのは自信を納得させられなくなった時です。

 

自分が過去に積み上げてきた、他の人に負けない自信のあることが皆1つはあると思います。

 

「自分は〇〇を何年続けてきたから何かを続ける力はある!それを〇〇でもやるだけだ!」と自分が今までやって来たことを他のものに当てはめることで自信を失うことはありません。

 

自分がしてきたことは自分が一番知っていますよね、その物事を糧として次に繋げればいいんです。

 

自分に対しての感情

人は誰しも自分に対してポジティブな感情を持っている人は少ないです。ほとんどの人は自分のことを「ダメなやつ」「意気地無し」など思ってしまうものです。

 

あなたも私はこんなことも出来ないのか、などと思ったことありませんか?

 

先程も言いましたが考えてしまうのは仕方のないことです。しかしそのネガティブな感情も払拭できる裏付けを自分の中に持っているだけで考え方も変わってきます。

 

他人が輝いて見えるのも分かります、羨ましいのも分かります、将来が恐いのも分かります。ですがその1つは1つは自分の考え方で軽減される、もしくは考えないこともできるんです。

 

自分に自信を持ちましょうとは言いませんが、どんな小さなことでも何かを成し遂げてきた実績が1つはあると思います。

 

その自分が今までやって来たことを「将来のこと」などに当てはめて

「将来が不安だけど私は〇〇をしてきたから大丈夫」と自分を納得させてください。

 

そして前に進んでいくことがいずれあなたの自信になると思いますよ。

はづきでした