四季のはづき

評論、感想独りよがりな はづきのブログ

今一番の胸キュンを。マンガ紹介 徒然チルドレン

こんにちは はづきです

 

きゅんきゅんしたいですよね。

山あり谷ありでストーリー展開が激しく、三角関係、片思い、胸がいたくなりそうなドロドロとした恋愛の末に恋人になれる。

そんな純愛も良いとは思いますが、もっと爽やかに結ばれていく学生を見てみたいとは思いませんか?

今回はドロドロが苦手な方、爽やかにもどかしい恋愛が好きな方へ

 

どうぞごゆっくり

 

概要

徒然チルドレン(1) (週刊少年マガジンコミックス)

徒然チルドレン

 原作・作画 若林稔弥

週間少年マガジン(講談社)

月間少年マガジン(講談社)

4コマ漫画、青春

 

あらすじ

とある高校の様々なキャラクターたちによる、恋愛を描いた作品。

恋は実るのか、どのように結ばれるのか。

様々な恋模様が楽しめる青春4コマ漫画。

 

オススメ

多種多様な恋人たち

女の子、男の子、もちろんですが違う人たちがいるのです。当然性格から容姿、考え方に至るまで違います。

ツンデレ、クーデレ、ツンツンにデレデレ他の形も色々あります。

そしてタイトルについている徒然、意味を知っている方も多いでしょう。徒然[つれづれ]とは、もどかしいという意味を含む言葉です。そう、多種多様な恋人たちの共通点はもどかしいと言うこと。

そこが相まって余計ににやけてしまうような、深みのある話になっています。

 

ギャグ要素

もどかしい中にも色々な感情が混じり会うのが恋愛ですよね。考え方は人それぞれです。

そんなもどかしさ、恋愛への向き合い方にギャグ要素を加えていると言うのが、またたまりません。これは実際に見て欲しいです。

 

アニメ

漫画紹介にアニメ情報をいれるのは邪道かも知れませんが。

2017年現在放送されている訳なんですが、4コマ漫画としてのカットに加えて、心理描写がより鮮明になり、漫画では感じ取れない要素が追加されています。

 

そのアニメを見たあとに漫画で先のシーンを読む。毎週が楽しみになって仕方がありません。このきゅんきゅんする恋愛模様を感じとるのであれば、今が最大のチャンスです。

 

是非あなたも、このドキドキを…

 

はづき でした