四季のはづき

評論、感想独りよがりな はづきのブログ

もどかしい青春。 マンガ紹介 ぼくらはみんな河合荘

こんにちは はづきです

 

こんなにもどかしい漫画は久しぶりかもしれません。

少女漫画にあまり手を出していないからかもしれませんが、今回の漫画は少年漫画です。

 早速いきましょう。

本の概要

僕らはみんな河合荘 1 (ヤングキングコミックス)

ぼくらはみんな河合荘

原作・作画 宮原るり

ヤングキングアワーズ(少年画報社)

 

あらすじ

高校入学し、図書室にいた先輩に一目惚れした主人公。

主人公は高校入学を気に独り暮らしをすることになり。シェアハウス河合荘に入居した、何とそこには一目惚れした先輩が。

ただし、一人部屋かと思いきやドMの男と同居生活、酒癖が悪く男運に恵まれないOLお姉さんに水を刺され。現役JDにも邪魔される。

そんな個性溢れる住人との生活、先輩への恋心を描いた。青春ラブコメディ

 

オススメポイント

個性溢れる住人

主人公

過去の人付き合いの際、特殊な人間の話し相手や面倒を見ていたため「変ショリ」と呼ばれていた。先輩に対してのアプローチが上手くいかず、ちぐはぐしている姿がとてもいいです。

 

先輩

凄くかわいい。無口、読書家、コミュ障、恥ずかしがり屋

これだけコミュニケーションが取りずらそうな相手にアタックし続ける主人公には

同情します、、、

そしてこの先輩の心情の変化があるのかどうか

 

ドM男

一日中楽しそうな事を考えたり、以外と心の支えてきなとこをしたり、

助言的なことも。

 

OLのお姉さん

キャラがいいですね、是非見てもらいたいです。

 

そしてあと二人住人がいるのですが、是非手に取って見てほしいです。

 

表紙しの絵がきれい

表紙には毎回先輩が載っているのですが

とても綺麗でかわいい、本編との絵のギャップがまたたまりません。

新刊を期待して待っている度に、次回の表紙はどんなものになるのかと、わくわくします。

 

中々進展しないストーリー

日常的なシーンの多い漫画で、登場人物の心理描写が細かく読み取れるんですが。

中々に話が進まないんです。そこがとてももどかしくて、どうしてそうなるんだ、

とツッコミを入れてしまいます。

それほどに、読みいってしまうんですけどね。

ドロドロの展開がほとんど、と言っても過言ではないほど、そんなシーンがないこの漫画。選択肢は先輩のみ、先輩一筋に突っ走っている。それなのに進展しないもどかしさがまた、たまらないんです。

 

以上がこの漫画、ぼくらはみんな河合荘を進める理由です。

是非手に取って見てください。主人公ほか河合荘に住む人々の心情の変化

先輩との恋の行方、ほかのキャラクターの恋愛事情。

楽しく毎日を過ごす主人公たちの日々はもどかしいながらも、

どこか、羨ましいそんな物語です。

 

はづきでした