四季のはづき

評論、感想独りよがりな はづきのブログ

聞き上手はいい人!その心理

 

こんにちは はづきです

 

今回は聞き上手につて話します。

あなたは聞き上手についてどんなイメージを持ちますか?

いい人?優しい人?自分を受け入れてくれる存在、何てことも。

でも、ただただ相手の話を聞いていれば聞き上手!何て思っていませんか?

 

この言葉で、何で?違うの?と思ったあなた。気になったあなたは必見かもですね

 

どんな人が聞き上手と呼ばれるのか

大抵の方が、聞き上手と言っている方はただ黙って話を聞いているわけではありません

まあ、ただ話を一方的に聞いていて欲しい人もいますが

自分が人に話を聞いて欲しい場合、趣味、企画書、愚痴何でもいいですが、

共感してもらいたい内容ばかりではないですか?

 

そんな共感してもらいたい内容を話しているのに、相手が無言だったら悲しくなります

かといって、返事があったとしても、

趣味の場合→否定する

愚痴→あなたの方が悪い

こんな返しかたをされたら、相手に対して怒りすら覚えてしまいます。

なぜ怒りを覚える、悲しくなるのか、それは共感されたいからです。

 

愚痴何かの場合は特にそうですよね、

あなたは愚痴を本人に話しますか?話しませんよね。

すぐ他の人に話しそうな人に話しますか?話さないと思います。

そんな人に話すくらいなら、自分の心の中に閉まってしまいまよね。

何を言いたいのかと言うと、愚痴を聞く立場と言うのは大小はあるとしても

あなたは他の人には言わないと言う信頼がある。

もしくは、話していて気持ちが楽になる相手、ということです。

愚痴に関して言えば、そう思われている人は聞き上手もしくは口のかたい人です。

 

どうすれば聞き上手と思われるか

 

相手の目を見る。

人は、興味を示している相手や、話をしている相手のことを見てしまいます。

好きな人を目で追ってしまう心理と同じです。

共感してほしい話をしている人からすれば、しっかりと聞いてくれているように見える

でしょう。それが前提として嬉しいからです。

特に目を見ると言う行為(アイコンタクト)には、好意を寄せている、

相手の意図を理解(読み取ろうと)しようとしている、という意味があります。

相手の目を見る、これは大前提です

 

相づちを取る

ただ話を聞いているだけでは、相手が不安になってしまいます。

迷惑だろうか、何を考えているのか、どう思われているのか。

相手の意志が読み取れないのは、非常に恐いことです。

なので、そうなんだ、分かる、どう言うこと、へえ、他には?などなど

何でもいいです。相づちを取ってあげましょう。

それだけで相手は気持ちよく話せますよね

 

相手が話した単語、言葉を話す

以外と重要で、している人があまりいないのが

相手が話した単語、言葉を話すと言うことです。

相手が趣味の話をしているのなら、その話のなかで出てきた専門的な単語を使う。

愚痴なら相手が腹をたてた内容。相手が一度口から出した言葉を自分が出すだけで、

相手はちゃんと話を聞いてくれている、理解しようとしてくれている。

と、自分に対して共感してるれている。しようとしている

こう思います、自分が話したことを相手の口から聞くだけで相手に対しての印象は

とてもいいものになります。

 

・相手の目を見る

・相づち(反応)する

・相手が話した単語、言葉を話す(復唱)

これを忘れずに相手の話を聞いてください

 

聞き上手と思われれば、相手のことがよく分かるし、色んな人からの評判や印象が

良いものになります。相手の事を思い、共感しようとする。

ちょっとしたことが、周りの評判、話してくれた相手の印象を変えます。

どうせならプラスの方がいいですよね

 

はづきでした

www.hazuki-shikiya.com